競売物件って何?ポイントや攻略法を徹底解説


引き渡し義務について

物件明細書に記されている権利を引き継ぐというものが競売によって得られるものです。そのため、現在の占有者から物件を譲り受けること、そして物件の中にある占有者の残留物をどのように取り扱うのかは購入した人の判断に任されます。また、残留物の所有権自体は物件を購入した人に移りません。そのため、処分を勝手にしてしまったら違法行為になってしまいますので気をつけましょう。

この残留物の所有権の問題は意外と厄介で、例えばゴミ屋敷と呼ばれるような物件であっても、この権利は適応されます。誰から見てもいらないようなものであっても、処分することは出来ないのです。そのゴミ屋敷の占有者が立ち退きに応じない場合には強制執行をしなければいけませんが、その強制執行の手続きを行うのも購入者の仕事となります。そのため、どのような物件なのかを調べることは重要な意味をもっているのです。

競売物件には引き渡しの義務がありません。そのため、残留物の扱いを自分で処理する必要があります。また、残留物だけではなく、占有者の扱いも行わなければならない可能性があるため、穏便に解決出来ないような場合には、その物件に触れない方が初心者の方は無難なのかもしれません。

Copyright © 競売物件って何?ポイントや攻略法を徹底解説, All rights reserved.