競売物件って何?ポイントや攻略法を徹底解説


一般物件との違い

競売物件は、裁判所が差し押さえた物件のことです。この物件は入札で売り出されています。差し押さえられた物件は、その持ち主が借金のような債務を履行出来なかったときにその対象となります。民事執行法に基づいて競売が行われます。そのため、宅地建物取引業法などによって売買される一般物件とは大きく異なるのです。

では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。1つ目は入札方式が利用されるという点です。2つ目は基本的に物件が内覧出来ないという点、3つ目は本来売り手が負うべき瑕疵担保責任などが無いという点です。これらは一般の物件と大きく異なるため、このような特徴を把握しているかしていないかということが大きなポイントとなります。

債務不履行になってしまった債務者が持っていた不動産を販売している競売物件。こちらは、一般物件と比べて大きく違いがあるという特徴があります。この違いはメリットにもなるため、競売物件には多くの人が集まることもあります。しかし、この違いがリスクを生み出すことやデメリットになることもあるため、十分に知識を付けてから競売物件に手を出すことが望ましいとされています。もしも競売物件に触れることがあれば思い出してください。

Copyright © 競売物件って何?ポイントや攻略法を徹底解説, All rights reserved.